家を売る 手続き

家を売る場合の手続きで気をつけることは?


家の売り方について教えてください。
今住んでいる家は都心にあるのですが、子供ができて
生活環境の良い場所に引越しをしたいと思っています。
そこで家族で話し合った結果、今の一戸建てを売って
新しく家を買い換えしようという話になりました。

 

そこで家を売る場合はいろんな手続きが必要になると思いますが
どんなことに気をつければよいでしょうか?

 


自分の家を売却するには事前に様々な準備が必要です。
まずは自分の家をいくらで売るのかを決めることから
始めなければなりませんが、家売ることがはじめてな方は、
いまいち流れや手続き方法、相場価格がピンと来ないかもしれません。

 

特に戸建ての住宅の場合は価格がまちまちであるため、
不動産業者に査定を依頼して見積もりを出してもらいましょう。

 

だだし、事前に同じような物件のリサーチを行い、
ある程度の相場観を持っておくことも大切です。 

 

不動産業者に正式に仲介を依頼する場合は、
3つの媒介契約の中から選択することになります。

 

この契約方法には複数の不動産業者に依頼できる契約と
特定の業者に限られるもの、売主が自ら購入希望者を探すことが
出来る契約とそうでない契約などの違いがあります。

 

これらは一長一短がありますので、自分の状況にあった契約を
選択されることをお勧め致します。

 

売却価格は、自分の希望や不動産業者の査定価格などだけでなく、
周辺の競合物件の価格も考慮して決定します。

 

購入希望者が現れた場合は、物件を早く売りたいなどの焦りの心情を
なるべく悟られないように交渉を進めていきます。

 

また、購入希望者が訪れる際に、可能な限り物件をきれいな状態に
しておいた方がよいのは言うまでもありません。

 

しかし、なるべくよく見せたいからと言って、売却物件の瑕疵を説明しないと、
後々トラブルの原因にもなりますので、破損個所や不具合は事前に報告しましょう。

 

売却が成立したら売買契約を交わし、1~2割程度の手付金を受領します。
その後の引き渡し際には、残りの代金を受領し、登記申請も行います。

 

引き渡し後は、税務申告も忘れないように注意してください。