中古マンション売却 諸費用

中古マンション売却にかかる諸費用はいくらですか?


結婚後、住宅街にある中古マンションを購入したのですが1年で離婚することになりました。そこで、二人とも出て行くので中古マンションを売りたいと思っています。中古マンションを売却するとき諸費用ってかかるのでしょうか?
かかるとすればどんなものがありますか?他に必要な諸費用などもあれば教えてください。


中古マンション売却に際して、どの位の値段で売れるかばかりに気を取られて、大事なことを忘れがちになっても困りますね。
例えば売却にかかる諸費用ですがこの点を考えにいれておかないと、思わぬ出費に驚くことになることも多いです。まず中古マンション売却では不動産業者に仲介を依頼することになります。

 

その時に仲介手数料が必要になります。
手数料の金額は売却金額によって変わってきます。
支払時期は売買契約時が一般的ですが、業者によって違いますので事前に確認が必要です。その他には契約書に必要な印紙代があります。普通は売り主と買い主が折半で負担しますが、契約書を何通作成するかによっても変わってきます。

 

またローンの支払中ですと、売却物件に銀行などの抵当権が設定されています。物件を買い主に引き渡す前に抵当権を抹消しなければならないので、その費用が必要になります。基本的に以上の3つは必ずかかる諸費用です。その他にも引っ越し費用なども考えに入れておく必要がありますので一概にいくらとはいえませんが、おおまかな費用を抑えておくことが必要でしょう。