家を売る理由

家を売る理由がわからないので知りたいです


私はいま住宅地に住んでいて一軒家なのですが、
ここ1~2年でかなり売りに出しています。

 

チラシを見ると結構良い値段をだしているのですが、
私達からすればこんな環境の良い場所はないですし、
まだ全然キレイで住めるのに・・・
家を売る理由がわかりません。

 

家を売る理由ってどんなことがあるのでしょうか?


家を売る時には必ず、何らかの理由があって売りに出すものだと思います。
確かにまだ住めるのにどうしてその家を売るのかということが気になりすよね。

 

購入者が知りたいのは、家に何か不満があったからなのではないか
ということであり、特に築浅で売られている住宅の場合は、
悪い理由があるためなのではないかと不安になる人も多くいます。

 

人が家売る理由としてはまず、生活スタイルに家が合っていなかったことや、
より便利な場所に引っ越したいということが考えられます。

 

また、家族が増えて部屋が足りなくなったという場合や、
逆に子供が独立して夫婦で広い家に住むのは寂しいと
感じるようになった場合、また、転勤や職場が変わったなどの
理由で引っ越すパターンなどもあり、注文住宅で新築するから
今住んでる家を売りたいという場合や、一戸建てに住んでみたけれど
やはりマンションの方が良いから売りに出すという人もいるようです。

 

家を売る時、その家で自殺があった場合は必ず購入者へ
伝えなくてはなりませんが、それ以外の近所トラブルなどは
報告が必須ではないということです。

 

マイナスな理由から売りに出すという場合、購入を躊躇う人は当然多くなります。

 

しかし、たとえば「狭い」という理由から売りに出そうと考えているなら、
素直に「狭い」ということを伝えずに「子供に一人部屋を作ってあげたいから」
などと答えることで良い印象を与えられることもあります。